ノアコイン 新時代の暗号通貨(仮想通貨)

世界一の暗号通貨、ノアコイン情報サイト ノアズ・アークへようこそ!!

noah_logo.png

これからおそらくビットコインをも超えて、世界一の暗号基軸通貨になってゆくであろう「ノアコイン」の情報サイトを立ち上げました。

 

サイト名はその名も「ノアズ・アーク(ノアの箱舟)」です。

 

一生懸命働いても働いても、毎日食べてゆくのにやっとだという人々にとって、ノアコインはまさに「ノアの箱舟」となることでしょう。

 

金銭的な問題をすべて解決し、真の自由が得られる可能性がここにあります。

 

このサイトでいろいろな情報発信、情報共有、意見交換などを行ないながら、このすばらしいノアコインプロジェクトを読者の皆様と一緒に見守ってゆきたいと思います。よろしくお願いします。

 

記事は随時アップしてゆきます。

 

※尚、記事は上から順番に読んでいくことをおすすめします。

 

 


ノアコイン購入後のアカウント画面

noah 管理画面

本当に大丈夫なのか?と思っている方もまだいらっしゃると思いますので、ノアコイン購入後のアカウント画面を紹介します。

 

1口=12万円で「172,800」ノアコインが購入できました。
現在プレセール第1期であり、最も安い価格で購入できます(2/19まで)。
現在は1ノア=約0.7円です。
これから1ノアがどれだけ値上がりしてゆくのか、ワクワクします。

 

ちなみにプレセール第2期では1期と比べ14%値上がりすることが決定しています。
プレセール第2期は4/3からです。
というわけで、私は追加購入を決めました(笑)。

 

今私たちはプレセール第1期という、とんでもない大きなメリットのある情報を得ている少数者ということです。
おそらく日本全体でもまだ10万人に満たないでしょう。

 

これが本当に広がり始めたら、プレセールも即完売というような事態もあり得ると私は思っています。今後は、買いたくても買えない事態さえも起こりうるということです。

 

だから世間がまだ価値に気付いていない、価値を認めていない「今」こそが最大のチャンスなのです。

 

今、しかありません。

 


詐欺だったらどうするの?

YUKA150701098458_TP_V.jpg

話がうますぎる。もし詐欺だったらどうするのか?と思う方もいることでしょう。

 

正直に言いましょう。私自身、その可能性がないとは言い切れません。

 

なぜか?

 

それは、私がこのプロジェクトの主催者ではなく、皆さんと同じ購入者の一人だからです。

 

絶対詐欺などではない、などと断言できるはずがありませんよね。

 

でも、私はそれでもノアコイン、ノアプロジェクトの将来性に賭けたいのです。

 

なぜなら、このままコツコツ死ぬまで毎日一生懸命働いても、ノアコインがもたらしてくれるであろう金額のおそらく10分の1も稼ぐことはできないだろうからです。

 

そして、このまま私は貧乏なまま、妻や子供にもほとんどお金を残してやれないままこの世を去ることになるでしょう。

 

今のままではそうなることが確実なのです。

 

であれば、たった12万円で夢が見れるのであれば、それもよいのではないかと思うのです。これは投資額としては驚くべき少額です。中学生の貯金でもできるほどの金額なのです。

 

そしてビットコインが「実際に」1万倍以上になったことを考えれば、12万円の1万倍は12億円です。その10分の1の1000倍でも1億2000万円、100分の1の100倍でも1200万円・・・。

 

私に関していえば1200万円でも、すべての借金を返済した上で、数年間は楽しい生活が送れるでしょう(笑)。

 

出口の見えない、真っ暗なトンネルの中を死ぬまで歩き続けるよりは、私はほんの一瞬でも明かりを求めたいのです。

 

もし一生に一度だけ勝負を賭ける時があるとしたら、私は今しかないと判断しました。はっきり言って、今行かなければ、いつ行くのか?というほどのチャンスだと思っています。

 

仮に完全な詐欺だったとしても、失うのは12万円だけ。けっして首をくくるほどの金額ではないのです。なにをそこまで恐れる必要があるでしょうか?

 

それに詐欺を働くには、もうこのプロジェクトは十分に広がり過ぎました。すでに数万人がこのプロジェクトに投資しています。仮にこれらの金額がすべて消えたとしたら、史上最大の詐欺事件として歴史に残り、犯人は直ちに捕まり、最悪元金ぐらいは戻ってくるでしょう。

 

詐欺というのは基本的にローカルで小規模だからこそできることだと私は思っています。大規模詐欺というのは実はないのです。というのも、発覚したときには逃げようがないからです。

 

というわけで、私自身が詐欺という可能性もあるかもと思いながらこのプロジェクトを応援しています。大きな夢の実現と億万長者という可能性も同時に感じながら・・・。

 

それにフィリピンの経済発展と支援に貢献できるというコンセプト自体もすばらしいです。

 

私はノアプロジェクトに賭けます。

 

 

 

 


初年度に20%の配当

UNI16040516IMG_0017_TP_V.jpg

ノアコインは、なんと初年度に20%の配当がつくそうです。

 

1口=172,800ノア

 

これが、20%の配当で207,360ノアになります。

 

何もしなくても1年後にノアコインが増えていることになります。

 

そして、2年目以降も前年の0.86%を掛けた率の配当がつきます。

 

たとえば2年目は20%×0.86=17.2%の配当がつくということです。

 

上記の207,360ノア×17.2%=243,025ノアになります。

 

2年後には何もしなくても配当だけで243,025−172,800=70,225ノアも増えていることになります(計算は数学が苦手な管理人がやったものなので、間違ってるかもしれません。あしからず)。

 

2年後といえばすでに一般公開されていますから、その時点でノアコインの価値はさらに上昇していることでしょう。

 

たとえばの話ですが、もしこの時点で10倍の1ノア=7円にまで値上がりしていたとしたら、配当だけで約70万円がついていることになってしまうのです!すごいと思いませんか?

 

しかし、なぜこんなにも高い配当(利息)をつけられるのか?

 

それはフィリピンという国が、高度経済成長の真っ只中にあるからだそうです。

 

昔日本でも高い利息で銀行が運営できていた時期があったように、今フィリピンでは成長期であるがゆえに高い利息でも楽に運用できるという裏付けがあるとのこと。これもまた先進国で発行される暗号通貨ではあり得ないメリットなのでしょう。

 

ノアコイン自体の値上がり + 高い配当金の発生・・・

 

これだけでも世界一の暗号基軸通貨になりうる要素を十分に備えていると言っていいでしょう。

 

 

 

 

 


買うだけでフィリピンの支援ができる

フィリピン国旗

我が国日本にもフィリピンから多くの人が出稼ぎに来ていることは皆さんご存知だと思います。

 

彼らは異国の地で大変な思いをして働き、さまざまな苦難に耐え、家族のために母国フィリピンに送金をしています。

 

しかし、その送金手数料が平均送金額の10〜12%と異常に高いのだそうです、また送金にかかる時間も1週間前後が普通とのこと。私たち日本人には信じられないことですが・・・。

 

でも、もしノアコインがフィリピン国内で本格的に流通するようになれば、海外で働くフィリピン人の誰もがスマホから瞬時に送金ができ、また手数料がほとんどかからないようになります。

 

これがフィリピンの経済成長をさらに押し上げ、結果としてフィリピンの人々を後押しし、支援することにつながります。

 

つまりノアコインの暗号通貨としての成功は我々の成功であると同時に、フィリピンとそこに住む人々の成功でもあるのです。

 

これはすばらしいことではないでしょうか。

 

 


一般公開は2018年6月

ロードマップ

ノアコインは一般公開までのロードマップが完全に決定されています。

 

第1期〜第4期に渡るプレセールス期間を経て、一般公開は2018年6月12日です。

 

なんと一般公開まですでに1年半を切っていることになります。

 

その一般公開の日までは、ノアコインの価格は予め決められた値段でしか売られることはありません。

 

一方、ニセモノの暗号通貨は「公開までに数十倍〜数百倍に値段が上がりますよ」などと購入者の購入意欲を煽り立てますので注意しましょう。

 

ノアコインは本物の暗号通貨なので、公開までに1.22倍までしか値段が上がらないことが予め決められています(第4期プレセールで1.22倍)。まさにこの点が本物の暗号通貨とニセモノの暗号通貨の違いなのです。この点は今後のためにもよく覚えておいてください。

 

一般公開以降は流通量と需要の関係で半ば自然と価格が決められてゆきます。どれだけ上がるのか、または下がるのかは今の段階では誰にもわかりません。しかしながら、過去存在した「本物の暗号通貨」はすべて例外なく短期間に大きく値上がりしているという事実だけは頭に入れておくべきでしょう。

 

 


世界初!暗号通貨シティが誕生する!

eton-orig.png

仮に一般公開まですべてが順調に進んだとしても、実際に暗号通貨を使う場所がなかったとしたら、その暗号通貨は遅かれ早かれ衰退してゆかざるをえないでしょう。

 

しかし、ノアコインは違います。

 

なんと、「すべての店舗でノアコインが使える都市を丸ごと最初から作ってしまう」というプロジェクトがもうすでに同時進行で始まっているのです。

 

この都市はプロジェクトにも協賛しているフィリピン航空が所有する40ヘクタールもの広大な土地に作られる予定です。

 

この都市は
ステージ1: アミューズメント施設(2017年〜)
ステージ2: ショッピングモール(2019年〜)
ステージ3: ホテル&カジノ(2020年〜) というスケジュールで建設が進められます。

 

つまりノアコインを持っていれば、土地、家、クルマから日用品まで、ゆくゆくはその都市であらゆるものが手に入るし、何の不自由もなく生活ができるようになるのです。

 

これは世界初の試みです。ある通貨の使用を前提とした都市計画など、今まで誰も考えたことがなかったからです。

 

その都市は今のところ「イーオンシティ(別名:ノアシティ)」と呼ばれています。

 

 


怪しいと思うのは自然な反応

宝箱

暗号通貨・・・
ノアコイン・・・
1万倍以上に値上がりする可能性・・・
配当20%・・・
ノアシティの建設・・・
儲かりまっせ(笑)

 

これらの言葉を聞いて、「なんだか怪しいよな」と思うのはごく自然な反応です。

 

なぜなら、人間とは自分が知らないもの、未知のことがら、経験したことのないものには初めに必ず拒否反応を示すものだからです。

 

そしてその反応とは必要なものです。

 

なぜなら、それがなかったなら人はあらゆる悪徳な詐欺情報に簡単にだまされてしまうだろうからです。

 

ここで、入ってくる情報を自分自身で判断し、正邪を切り分ける能力が必要となります。

 

そして、その能力は人により大変な個人差があります。

 

最初から入ってくる情報すべてを完全にブロックしてしまう人、
自分に都合のいい情報だけを拾い出して判断してしまう人、
とりあえずは全てを偏見なく聞いてみてからじっくり時間をかけて考える人、
金が儲かると聞いたら無条件に飛びついてしまう人、などなど・・・。

 

考えてみれば、この世で生きてゆくということは選択と判断の連続です。それが今その人がある状況を決めているとも言えます。

 

そして、今この瞬間は一つの選択が今後の人生の道筋を大きく変えるかもしれない分岐点かもしれません。

 

それを決めるのはあなた自身です。

 

ご安心ください。私はあなたを無理強いすることはできません。

 

判断材料となる情報は私ができる限り提供しますので、あなたにとって最善の判断をしていただければと思います。

 


暗号通貨について

noah-coin70.png

本サイトでは暗号通貨という呼び名で統一していますが、「暗号通貨」=「仮想通貨」と考えていただいてけっこうです。

 

日本では「暗号通貨」よりも「仮想通貨」のほうが一般に知られているかもしれませんね。

 

そして仮想通貨の代表格として、ビットコインの存在を知っている人も多いでしょう。

 

しかし、「仮想通貨」という呼び名は「実態のない」「架空の」「ニセモノ」通貨というイメージがついて回ります。

 

そして、実際ビットコインが発行されてしばらくの間はそれは事実でした。最初は仮想通貨が各国の法定通貨と同じレベルで使われるなどとは誰も考えなかったからです。

 

でも、今は仮想通貨(暗号通貨)が近い将来、法定通貨に取って代わる時代が来るだろうとさえ言われています。

 

よって、もうすでに仮想通貨は「仮想」でもなんでもなく、立派な通貨の一つとして認知されているのです。

 

それゆえ、日本で使用されている「仮想通貨」という呼び名はすでに過去のものであるということができます。

 

世界的には「暗号通貨」という呼称が標準ですので覚えておきましょう。

 

ちなみに「暗号通貨」という呼び名は、「安全な取引を担保するためにデータを暗号化する」というところからきています。が、これもまた日本人にとってはなんとなく怪しい語感がつきまといますね。個人的には単純に「ネット通貨」「デジタル通貨」などにすれば悪いイメージが払拭されてよいのではないかと考えています。

 

ネット通貨ノアコイン・・・かなり印象が変わりますよね。

 

ともかく暗号通貨はけっして怪しいものでもなんでもなく、安全でスピーディーな決済が可能であり、将来的に法定通貨に取って変わる可能性さえあるということを心に留めておきましょう。

 

私などはすでに日々の生活の支払いを「Suica」だけで済ませることが多いですが、簡単にいえばそれと同じイメージですね。もはや紙幣や金属のコインは遅かれ早かれなくなる運命なのです。

 

 


第1期プレセールは2月19日で終了します

noahproject.png

もしもノアコインを買うのであれば、今このサイトを見ているあなたはものすごく幸運です。

 

なぜなら、あなたはおそらく歴史に残るであろうノアコインのプレセール第1期、つまり一番安い価格でコインが購入できるからです。

 

すでに以前の記事で紹介した通り、ノアコインの売り出し価格は第1期から第4期プレセールまで完全に確定しています。

 

たとえば第1期プレセールの価格を「1」とすると、第2期は「1.14」、第3期は「1.18」、第4期は「1.22」となります。

 

日本では第1期プレセールの最低購入金額が1口12万円(ノアコイン172,800枚)と決められていますが、第2期では12万円が固定であれば購入枚数がそれに応じて下がるでしょうし、購入枚数が固定であれば、単純計算で12万円×1.14=13.68万円ということになります。

 

いずれにしろ今買っておくに越したことはありません。今後2度と今と同じ金額で購入できることはないのですから。

 

また2月19日が過ぎれば、第2期プレセールの4月3日まではどんなに買いたくてもノアコインを買うことはできません。
注)第1期プレセールはその後3月19日まで延長されました。

 

わかりますか?今がやはりその時なのです!